■プロフィール

あんにゃ

Author:あんにゃ
新潟で米と野菜を作っている農民。  学校でてからサラリーマンしてましたが、農家のあんにゃ(長男)という圧力負けして2年前に就農しました。  農家に対してかなりのネガティブ(”農”自体はすき!)ですが、このブログや色々な経営スタイル実践を通して、ちょっとイメージを変えようと目論み中。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
出穂
出稲
”しゅっすい”(また、”でほ”ともいうらしい)と読む。
名前のとうり稲の穂が、出てきたことをいう。

毎年の事なんだけど、いつのまにか出ている。
まぁ~要は、それだけ俺が、田んぼをよく見ていないからなんだけど。
出穂
分かりにくいけど、チラホラ出てるのがある。
ウォーリィーを探せ状態。
出穂
上から。
出穂
下から。

今年度の目標で、”稲作の栽培技術の確かな習得”ってのがあるけど、もうこの時期は完全に親父にまかせきってる(水管理や二回目の穂肥等)。
親父が元気なうちはまだいいけど、近い将来、俺一人でやらなきゃならん。
本心は、稲作やめたいくらいだけど、就農最重要事項が、人柱の農地の維持なので却下。

そんならヘリ防除やめたいけど、免許とったばっつかで色々な人に迷惑かかるし、

他のノウミンさんの作業の一部を預かる大事な仕事なんでそんな無責任なこともできないんで、
これも却下。
で、いきつくのが、産直の出荷を減らす・・・・
特に枝豆を完全に辞めないといけないかな・・・一番、売り上げ作れる時期なのに・・・
ヘリで約束できないんで(天候で左右される)、産直や知り合いの地方発送を何件も断ってしまってるし・・・最高においしい適期を逃して収穫してるし・・・かなりのチャンスロス。

一番やりたいことのできないもどかしさってヤツですね。

スポンサーサイト
水稲生育調査 | 21:10:50 | Trackback(0) | Comments(0)
水稲生育調査⑧
最近、やりたい作業が山積み!
なのに、昼間色々な用事がありすぎて、早朝しか働けない、あんにゃです(泣)

その一つの要因でもある、農関係の集まりの一つの生育調査↓
遂に、ラストがキタぁー(目薬さしながの心の叫び)

喜びに浸りながらも、サッさと報告、
水稲生育調査⑧
水稲生育調査⑧

草丈76.2(cm)・茎数538.7(本・M2)・葉齢12.0・葉色34.6。
茎数OKだけど、草丈と葉色の数値が少し高い。
このまま、穂肥すると、倒伏の心配があるんで、タイミングを遅め・控えめにする必要あり。

で、午後から穂肥診断。(穂肥のタイミングを調べて、考える)
具体的には、稲をカッターなどで、割って幼穂(親指のすぐ左側の白い部分↓)の長さを確認して、↓(下の画像のように)
幼穂
その長さから、出穂日(稲の穂が、見え始める日)を予測して、それを逆算して穂肥時期の目安をだす。

具体的に自分の稲状況は、
4mmくらいなので、出穂日は20日後くらいとして8月8日になる。
それから、穂肥時期を逆算すると(-18日)7月21日くらいとなる。
ただし、これは2回穂肥の化成肥料の場合で、有機系や一発穂肥系だと少し早くする必要アリ。

うちは、2回化成肥料はなくて、有機系と一発穂肥系なので早めるべきなのだが、草丈と葉色の数値が少し高いのを差し引いて、21.22日くらいでよいと思う。
って、それって
明日・明後日!!



水稲生育調査 | 00:12:53 | Trackback(0) | Comments(0)
水稲生育調査⑦
まいどまいどでj勘弁してくれぇ~の生育調査。
作業がオセオセどころかヤバヤバになってきたんで、午前中潰されるのはかなり痛い。

草丈62.2(cm)・茎数537.28(本・M2)・葉齢11.2・葉色34.9
目標数値とほぼ同様になってきた。
前回の調査と比較すると、茎数過剰傾向へと稲姿が急激に変化。
水稲生育調査⑦
水稲生育調査⑦

ついに次回あと一回の生育調査!
稲肥診断のセットで、一日つぶれるけど、とにかく終わるんでよい。
次回の診断をよく聞いて、的確な稲肥の時期と水管理を徹底して、良い米をできるように努める。




水稲生育調査 | 22:17:33 | Trackback(0) | Comments(0)
水稲生育調査⑥
まいどまいどの生育調査。
作業がオセオセになってきたんで、午前中潰されるのは痛い。

草丈48.8(cm)・茎数524.1(本・M2)・葉齢10.1・葉色44.5.
目標に対して、草丈・茎数・少なく、葉色濃い。
ってことは、まだ、肥料が抜けておらず(効いてなくて)=葉色濃い・これからまだ分けつ進む可能有り。
ただし、生育のスピードは遅れているので、これからの作業は、様子をみて遅らせる必要あり。
次の作業だと、穂肥(稲の追肥)のタイミングだね。
水稲生育調査2008.6.30

水稲生育調査2008.6.30

調査はあと二回、やっとって、感じだけど終わりがみえてきた。


水稲生育調査 | 21:24:24 | Trackback(0) | Comments(0)
生育調査⑤
今回は、最高分けつ期がちかずいてきたので、茎数のみの調査。
茎数496.4(本・M2)で、すくなめだった茎数もまだ目標値より少ないが、回復してきた。
水稲生育調査2008.06.25

水稲生育調査2008・06・25
生育調査があると、ほぼ午前中つぶれてしまう・・・・・正直だんだん仕事量が増えてきたんで厳しい。
あと、三回頑張りますわー
今日も一日フル回転、お疲れ様でしたねー俺。ゆっくりおねむりてください。

水稲生育調査 | 21:50:35 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。