■プロフィール

あんにゃ

Author:あんにゃ
新潟で米と野菜を作っている農民。  学校でてからサラリーマンしてましたが、農家のあんにゃ(長男)という圧力負けして2年前に就農しました。  農家に対してかなりのネガティブ(”農”自体はすき!)ですが、このブログや色々な経営スタイル実践を通して、ちょっとイメージを変えようと目論み中。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サツマイモジェラシー
今日、直売所に、この前研修させて頂いた”農園ビギン”さんが、店頭販売に来てた。(明日もいるらしいよ!)
悪天候で仕事量も減ったのもあり、小一時間位お手伝いしてたんだけど、色々と勉強になったし、軽くジェラってた。
今年度なぜサツマイモ栽培増やしたかとゆうと、将来的に加工などして付加価値をつけた農産物?も考えてて、それにサツマイモを考えてて。
その具体的に練ってた方法を実践してらっしゃるので、かるくジェラってたわけで。

で、実際なにを販売されてたかというと↓
#デジカメ持ってなく、店頭販売の状況ないっす・・
農園ビギンの焼き芋・スイートポテト
冬場まで、在庫残ってたら、ライトバンで移動販売かんがえてたんだよなぁ~。の焼き芋。
 焼き芋各種(上段左から、紅アズマ・太白・紅きらら)。
私的には、一番おいしいのは、やっぱ紅あずまなんだけど、他の品種も十分おいしかった。
太白は昔の品種なんで、年配の人に人気あったし、紅きららはお子ちゃまうけするなぁ~と思った。

で、一番ジェラってしまったのが、
秘かにうちのB品で、自分で作ったりして、なにげに研究してたんだよ。のスイートポテト。
(下段左は紅きらら・右紅あずま)
紅アズマは、皆さんもイメージできるスイートポテトの味で、おいしいかった。
紅きらら↓は、一言でいうと”和風でうまい!”良い意味で裏切られた。
例えるなら、好物の月岡(新潟の新発田の温泉地)の茶色の温泉饅頭みたいな感じ。

あ、それとこの前も紹介したサツマイモプリンも大好評で販売してた。
紅きららのスイートポテト
なんか、なんちゃって評論家ぶって、ジェラりながらも説明してきたけど、とにかく お勧めだよ っていうことです。
また、ジェラシーと同時に、サツマイモに命をかけてらっしゃる社員の方に、
”さすがです””生き方カっケー””弟子にしてください”とも思いました。

スポンサーサイト
サツマイモ | 23:13:34 | Trackback(0) | Comments(1)
恥をさらして サツマイモ編
今年度、調子にこいて多めに栽培して心配してた、サツマイモ各種がほぼ売れた。
ご購入の皆様ありがとうございましたm(- -)m

お礼に?ジャガイモの時もアップして、何気に好評だったらしい、
変形画像のサツマイモ編をよかったらどーぞー↓
変形サツマイモ 双子
まず、兄弟(自分命名、)。写真のようなのは、双子。これ結構おおいよ。
変形サツマイモ 杖
次、杖。一番右は、兄弟と杖のミックスバージョン。
変形サツマイモ 合体
コレはレア変形。
合体タイプ。こうなってるのが↑こうなふうにとれる↓
発見したときは、優作よろしく”なんじゃ!こりゃ!”って、発してた。
変形サツマイモ 分裂

で、最終兵器として手をくわえてコレ↓
変形サツマイモ ガンタンク
命名
サツマイモガンタンク・・・・

大丈夫ですか?わたし。
こんな暇があったら、一日も早く長ネギの収穫終わらせたらどうですかって話ですよ。



サツマイモ | 20:00:46 | Trackback(0) | Comments(0)
レモン臭
産直用サツマイモの調整してると、遂に腐ってきたものが、でてきた↓
サツマイモ腐り
基本的に保存は、常温でよいのだけど。
サツマイモって亜熱帯の植物だけあって、寒くなると腐り始めるのです。
温度でいうと、適温が10度~20度で、5度以下になるとくされるらしい。
前に、種芋を保温して貯蔵してるのも、見たことあったし。

サツマイモの腐った匂いってどんなかわかる?
基本的には無臭なんだけど、俺の鼻ではレモン臭で、いい匂いで芳香剤にいけてる感じ。
”腐る=臭い”って、連想しそうになるけど、例外もあるって事。
なんにでも当てはまるけど、偏見?思い込みって色々な意味で視野を狭くする。
って、改めて腐ったサツマイモから学んだわけで。

なんか語ってしまったけど、とにかく在庫のサツマイモ早く売り切らんといかん!とです。

サツマイモ | 23:28:25 | Trackback(0) | Comments(0)
栽培技術の未熟さを叩きつけろ!!
昨日から、産直に出荷したサツマイモ達↓
パープルスイートロード
紫イモのパープルスイートロード。直訳すると甘紫王!?
去年から栽培してるけど、確かに他の紫イモよりは格段に甘い。
今年もそこそこいけてるけど、昨年に比べると・・・何か微妙。
まぁ~とりたてだったし、ある程度時間経てば、甘くなるだろう。
黄金千貫
今年から、栽培した、黄金千貫っていう白いサツマイモ。
何か有名な芋焼酎の原料に使われてる品種らしい。
でも青果用でも十分おいしいことから、最近出回ってきてるそうで。
昨年、食べる機会があって、いけてたんで、作ってみました。
これも、紫イモ同様、昨年のイメージ味に比べて劣るような・・
一ヶ月貯蔵すると、水分が抜けて甘くなり、おいしくなるそうなんで、それが要因か!?

今日、本格的に大量にサツマイモ収穫したんだけど・・・・
かなり虫(おそらくコガネムシ類)に喰われていて、かなりショック、やはり農薬散布すべきだった。
なおかつ鼠にもやられていて、追い討ち。
で、ブルーになりながら午前中に掘り返して、砂を乾かす為に畑に放置してたんだけど、午後にきてみたら、ところどころ新しい穴がができてる!?カラスにつつかれてたらしい・・・
泣きっ面にBeeってやつですわ。

もぉなんかやる気うせたんで、帰宅して料理しながら、こん棒振り回して遊んでた、てかなんか叩いてストレス発散したかったけど、食べ物なんで。もったいないオバケを恐れて却下。
こん棒おいも
ちなみに、ばかデカい、サツマイモはおいしくない!
こん棒みたいな大きさなんて論外。
こんなのも取れちゃいましたー
まぁ~そういうデカおいもは、天ぷらなんかに利用してください。


サツマイモ | 21:59:58 | Trackback(0) | Comments(3)
13号分の犠牲のもとに
おイモさんが、いい感じに太りはじめてきているんで、そろそろ本格的に売り込みかけようと思っている。
何種か栽培してるんだけど、まず最初に売り込みかける主力品種の高系14号について。

まず、なんでNO1メジャー品種・紅アズマ(新潟では!?)でないかというと、栽培環境からで、
肥料に対して、比較的鈍感な品種な事からという理由から。
今年からサツマイモ栽培している借り畑が、複数耕作者による市民農園化してたとこなんで残肥もメチャ②なんで。
サツマイモって、救荒作物のボス的存在だけあって栄養が少ない畑でも良く育つんだけど、逆に有りすぎると巨大化して全然おいしくないらしい。
味的には、昨年体験済みで、紅アズマとほとんど遜色ないと思う・・ただ、皮の色が比べると薄いことが難点かな。(完全に私の主観ですけど)
高系14号のふかし芋
今日、ふかし芋で試食してみたけど、まぁまぁな味。
採りたてだったので、ある程度貯蔵すれば甘みもでて、おいしくなるんじゃないかと。
オーソドックスに、焼き芋・ふかし芋に適してる品種とのことでございます。

あと、この品種で一番気になるのが、品種名で。
”14号”ってところから、
1号から13号の犠牲(改良)!?があって14号がこうして、ひのめを浴びてるんだぁ~まさに、”勝者は多数の敗者の上で生きている”関連して、”そういえば、コシヒカリは別名!?農林100号だったし。すげぇ~!とか思ってしまう。
それだけ、現在栽培してる作物(また品種)って、改良改良できてて今後もそれ以上の改良がなされていく。
人間の好奇心・向上心、要は”欲”ってきりがないね。ってプチ哲学的に考えてしまう、今日この頃。









サツマイモ | 23:46:48 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。