■プロフィール

あんにゃ

Author:あんにゃ
新潟で米と野菜を作っている農民。  学校でてからサラリーマンしてましたが、農家のあんにゃ(長男)という圧力負けして2年前に就農しました。  農家に対してかなりのネガティブ(”農”自体はすき!)ですが、このブログや色々な経営スタイル実践を通して、ちょっとイメージを変えようと目論み中。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
半分に減り、そして明日はないだろう
うちのジャガの種芋は、畑に直接ではなく、催芽(芽だし)をしてから植えつけます。
(ほとんどのジャガノウミンが、やると思うけど)

効果としては、発芽を早め・揃え・生育期間を長くするため等々。

うちは、土にふせこむ方法。(以下参照・あくまで当農園の方法です)
ジャガ きりわけ
種芋を40gくらいにきりわけて。
ジャガ 石灰つけ
消毒とか防腐の為なのか?石灰をつけます。(草木灰が主流だとおもう)
ジャガ ふせこみ
ハウス内の土にふせこんでいき、土をかぶせて終了。

で、畑に植え付けするまで放置しときます。 掘り返したときに、芽かきもします。


うちでは、昔からこの方法をやってるらしいのですが、稀な方法らしいです。

何の疑いもなくやってましたけど・・・・

今年度は、ハウス内のふせこむ面積が限界なので、必要にせまり、

主流派?の浴光催芽を近くのノウミン仲間さんに聞いてやってみました

こんなふうに↓
ジャガ へそ
ヘソっていってたかな?親芋とつながっていたくぼみを探して。
ジャガ 芽つぶし
そのくぼみの対角線上の芽をつぶします。

後々の分割の時、その芽だけ成長してしまうので、他の芽に栄養をまわすためだそうです。
ジャガ 催芽
で、重ならないようにコンテナに並べて終了。

あと芽がでるまで、水を噴霧したり、積み替えたりします。

そして、畑にうえつける直前に、切り分けて切り口を消毒するそうです。



こんなもんでよいせしょうか?

画像は12から6に減りましたけど。(昨日の日記参照・3月14日)

けっこう、すぐ冷める奴です。



スポンサーサイト
ジャガイモ | 12:24:12 | Trackback(0) | Comments(2)
恥をさらして
最近は、雨の日や暑い昼間の時↓
小屋の中で、ひたすらジャガイモの調整作業してる。
その中で、色々な形のジャガ達に遭遇する。変形ジャガ②
左側・通称ワレメ(自分命名)、多く遭遇する変形イモ。
右側・通称ダルマ、大きさバランスパターンも様々。
変形ジャガ①
左側・通称ハート、けっこう珍しいダルマの進化版だろう。
右側・通称デコ、数・大きさ等様々だけど、一番多く遭遇。

原因は、色々あるけど要はこういう変形の作物ができてしまうって事は、栽培技術が甘いって事・・
たまに新聞で、人型や足が何本もある大根等が珍しがられてでてるけど↓
プロだったら”恥をさらしてる”ようなもんよ。

って、上から目線でいってる私ですが、プロ意識希薄なんで産直店内にて↓おしげもなく恥をさらし中。
ジャガイモオブジェ
そう、かなりのイカれてるボンクラ農民です。



ジャガイモ | 23:23:46 | Trackback(0) | Comments(3)
ジャガ祭り
昨日ほりあげて、今日やっと、全種類のジャガの調整が終了。
なので、明日から産直に全種類出荷して、ジャガ祭り開催します。

とりあえず、新しく加わった品種紹介↓
フランスジャガ3姉妹

シンシアは、前にも紹介した一番のお勧めフランスジャガ。
シェリーとチェルシーもフランスジャガで、説明は長くなるんで省略。
詳しく知りたい方は、こちらをクリック
名前が、女の子っぽいので、フランスジャガ3姉妹として詰め合わせ販売袋もあります。
なんか前やったズッキーニ3兄弟と同じパターン・・・。

シャドウクィーンとインカのひとみ
シャドウクィーン(左側)→どうしても品揃え的にほしかったジャガ。肉色まで紫で、アントシアニン効果抜群!
インカのひとみ(右側)→さっき夕食で食べてみたけど、味はインカのめざめと同じで栗のようなジャガ。薄ピンク色に時々黄色が入ってるけど、病気じゃありません!こういう皮色のジャガ。栽培数かなり少なく、費用もかかってるんで、高めに値段設定してます。

詳しい、料理法等を知りたいあなたは、ここをクリック(品種解説)

その他の販売品種を、ざっと紹介(名前のみ)↓
メークィン・アンデスレッド・とうや・ワセシロ・きたあかり・北海黄金・インカのめざめ
料理方などの詳しい説明は、産直の店内にPOPがあります。
また、今すぐ詳しい説明を知りたい方は、上の”ここをクリック(品種解説)”へどうぞ~

多くの品種が、少量の栽培面積なので品切れして幻化したらすんまそん

そういえば、すでに幻化してる品種が一品あったなぁ~
日本ジャガイモ界のドン→男爵いも様
栽培面積の半分くらいあるんだけど、産直では当たり前すぎて全然売れないんで、全て市場に出荷したんで、一足早く幻化しました。


ジャガイモ | 21:16:40 | Trackback(0) | Comments(0)
敗戦処理
今日は、早朝から近所の同業者さんからイモ堀り機を借りて,ジャガイモの収穫作業。
借りるだけにとどまらず、機械の操作もしていただき、本当っーに助かりました。
ありがとうございます。
いも掘る機

やっぱ、マシーンは早えーよ+綺麗に掘るよ。
本当にほしいよ!このマシーン。今、トラックの次にほしい。
ちなみに、今年はサツマイモも結構多く栽培したので、必要性が高くなってる。
なので現在、機械屋に頼んで、こういうマシーンの中古品さがしてもらってる。
なんか球根やってる地域の同業者が、農業辞めまくってるそうなので、そこから、でそうとのの事・・・・・

で、機械で掘ってもらった後は、砂を払ってコンテナにつめこむ。
この作業に、移ってしばらくしたら雨がふりだした~。
夕方からの予報のはずなのにーーー。
なので、朝食もとらずにひたすらコンテナにほうりこんだんだけど↓
泥だらけジャガ
結果
半分以上、泥だらけジャガになっちまった。
泥だらけジャガの収穫作業が、かなり虚しかった。
プロ野球の敗戦投手並みに虚しぃー。

乾かしてモノになるのか?
それは分かんないけど、とりあえず完全に風邪をひいたのは確実・・・・・!


ジャガイモ | 21:50:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。