■プロフィール

あんにゃ

Author:あんにゃ
新潟で米と野菜を作っている農民。  学校でてからサラリーマンしてましたが、農家のあんにゃ(長男)という圧力負けして2年前に就農しました。  農家に対してかなりのネガティブ(”農”自体はすき!)ですが、このブログや色々な経営スタイル実践を通して、ちょっとイメージを変えようと目論み中。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
水稲生育調査⑥
まいどまいどの生育調査。
作業がオセオセになってきたんで、午前中潰されるのは痛い。

草丈48.8(cm)・茎数524.1(本・M2)・葉齢10.1・葉色44.5.
目標に対して、草丈・茎数・少なく、葉色濃い。
ってことは、まだ、肥料が抜けておらず(効いてなくて)=葉色濃い・これからまだ分けつ進む可能有り。
ただし、生育のスピードは遅れているので、これからの作業は、様子をみて遅らせる必要あり。
次の作業だと、穂肥(稲の追肥)のタイミングだね。
水稲生育調査2008.6.30

水稲生育調査2008.6.30

調査はあと二回、やっとって、感じだけど終わりがみえてきた。


スポンサーサイト
水稲生育調査 | 21:24:24 | Trackback(0) | Comments(0)
ギャンブル
地元産の梅が出回ってる時期は、連動して赤しそも出荷ピーク。
なので産直に出荷して帰ったあとは、必死こいて赤しその収穫して、夜に市場にだしてくる。
赤しそ市場出荷
なんで、そんなに必死こいて収穫するかというと梅がなくなると、値段が大暴落するんで。

特に、赤しそは価格の変動がすげぇ~大きく、ギャンブル性が高い。
高いときは、こんなにもらってよいのでしょうか?って申し訳なくないぐらい思うのだが、安くなると“生ゴミですか?”ってくらいになる。

俺的には赤シソは、完全に辞めたいのだが、当てにして家まで買いに来てくださるお客さん達がいるんで、辞められねぇ~。
来年は、オヤジ説得して、ぜってー赤しその栽培面積減らす。


市場出荷するって事は、
自分で値段をきめられず、相場に踊らされすぎて一喜一憂するのは疲れるし、それだけ自分自身で売る力(売れる商品)を持ってないことを意味している。
まぁ~数は大量にさばけるし、売るための色々な労力は省けますけど。

今年の年間目標の一つでもあるけど、“出荷額の割合をもっと産直にシフトせんといかん”って思いながら、
雨の中、赤しそ引っこ抜いてたら、風邪ひいたぽいです。








ひとり言(農関係) | 21:01:18 | Trackback(0) | Comments(0)
超コシヒカリ
一昨日、昼からJ○青年部の研修で県の農業総合研究所に行ってきた。

ちまたで(新潟県内だけか?)いま軽く話題になってる、コシヒカリBLを生み出した施設である。

で、BLを品種開発していた人から、コシヒカリBLの話や超コシヒカリの話等を聞いた。
もったいないことに、部屋の適度なナマ暖かさに負け、半分ほど居眠りこいてしまったー

だってさぁ~、枝豆収穫で3時おきで、昼寝しないと耐えれないんだもん♪

とりあえず、ぼやけた記憶とプリントを読み返し解説すると、
超コシヒカリとは→あくまでも仮称で、地球温暖化に対応した水稲新品種。
              具体的には、高温登熟期性に優れ、コシヒカリを超える品質・食味をもつ                 晩 成品種。

まぁ~一番は、出穂期(コシヒカリでここらの地域だと8月上旬位)を遅らせて、高温期からずらせて、なおかつ高温でも品質が落ちなくて、従来のコシヒカリ並み・以上のおいしい米。って、俺は解釈しました。
計画としては、平成27年品種登録で29年に市場流通だそうである。

これ以上、小難しい説明は、できませんのであしからず。

説明のあとは、施設の裏にある、圃場を見学。
新潟県農業作物研究所 圃場

全部で80品種だったか!?、植えてるそうである。

新潟県農業総合研究所
超コシヒカリの圃場。
出穂期に温水を流して、適正を調べるそうです。
ちなみに30品種、植えてある。

研修の後は、お決まりの飲み会あり、翌日(昨日)朝から一日中、半分死んだ状態で作業。
昨日ブログもこの記事書いてる途中で、ダウンしてたぁ。

って、農民ってこうゆうものや会議等なんだかんだの飲み会が、年何回もありすぎて色々な組織のが集中しだすと目も当てられない!! 

ちなみに、七月の第二週・四日連続である・・・・死の週になるだろう。



研修 | 23:20:11 | Trackback(0) | Comments(0)
生育調査⑤
今回は、最高分けつ期がちかずいてきたので、茎数のみの調査。
茎数496.4(本・M2)で、すくなめだった茎数もまだ目標値より少ないが、回復してきた。
水稲生育調査2008.06.25

水稲生育調査2008・06・25
生育調査があると、ほぼ午前中つぶれてしまう・・・・・正直だんだん仕事量が増えてきたんで厳しい。
あと、三回頑張りますわー
今日も一日フル回転、お疲れ様でしたねー俺。ゆっくりおねむりてください。

水稲生育調査 | 21:50:35 | Trackback(0) | Comments(0)
朝の栄養補給
枝豆収穫始めてから、朝から時間の勝負。
で、なかなか家にいき朝食食べるのもおしくなり、ぬいてしまう。
そんな昨今、もっぱらの朝の朝食替わりは、これ↓
あさどりキュウリ
自家用に作ってるきゅうりで、作業の合間に適当なのをとって、
”とげとげイッタァ!”ってなりながら、長島○雄的にいうと、”ガリィ!ポォキ!シャリ!シャリ!”ってかぶりついてる。
とりたてのキュウリを食べたくて、家庭菜園をはじめる。って人が結構いるらしいけど、よくわからる。

理屈抜きで、マジおいしいぃー。
農業やっててよかった~てかこのために就農しました?ってくらいうまいよ。


ひとり言(農関係) | 21:31:37 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。