■プロフィール

あんにゃ

Author:あんにゃ
新潟で米と野菜を作っている農民。  学校でてからサラリーマンしてましたが、農家のあんにゃ(長男)という圧力負けして2年前に就農しました。  農家に対してかなりのネガティブ(”農”自体はすき!)ですが、このブログや色々な経営スタイル実践を通して、ちょっとイメージを変えようと目論み中。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スズメの遊び場
前回の続きで、
田んぼの除草の他には、鳥害対策。
穂が実ってくると、スズメを筆頭にして、色んな鳥さん達が群がってくるのであります。
とくに、餌食になっている田んぼを通称”スズメの遊び場”ってよんでる。
うちの地域もしくは、自分の近所だけかもしれないけど。

一箇所に集中させると、えらいこっちゃなんで、↓のような二重トラップを仕掛ける。
ある程度分散して、喰われる分には、覚悟しないといけないんだけど。完全に防ぎようないんでね。
二重トラップ
上のひもは、光が反射するタイブ。(即効性あるけど、鳥がなれると無意味。)
下のひもは、ピアノ線みたいなので、ふれるとビビッて来なくなるやつ。
すずめの遊び場
早生の品種(そこだけが早く実のるので)とか木々の近くとか写真のようなある程度大きな道(休み場になるんで)に面している条件の田んぼに群がってくる傾向にあるよう。
あと、前年に早生品種を栽培していたところも群がってくる。

この作業に関しては、親父様のご指示でやっているだけど、
俺の気持ち的には”遊べ、もっと遊べ、ちょっとくらい、OK!これぞ共生!?”ってな感じで別にどってことない。

ごめんなさい!つづらが正直ほしいだけです。
もちろん小さいほうで。(舌切り雀、参照)





スポンサーサイト
稲作作業 | 14:29:56 | Trackback(0) | Comments(0)
最近、一日(朝・昼・夜)こんな事してます。
ここのところ、夜は地域・農業・関係の会議というか暑気払いというのか、様々な集会だらけでブログも休みがちになっておりました。
ちなみに、昨日はダブルブッキングしてたし、今日もこれからあるし・・・
稲刈り終わると、また集中的に大量に開催されるだろうし・・・
(今度そのことについて当ブログでくわしく物申してみようと思う)

朝は主に産直用の収穫・調整・配達。

で、昼は、主に稲刈りの準備作業や畑の整備。
今回は、その稲刈りの準備作業について詳しくアップしようと思う↓
まず、一番、時間を使ってやっているのが、田んぼの中の除草作業。
もうこの時期までくると、除草剤はもってのほか!で、人力で田んぼの中にはいらないといけない。
この時期、草が生えてしまってる場合、今年の収量減は覚悟しないといけない。
人によっては、もうそのまま生やしたままで、稲刈りしてしまう人もいる。
でもね、そうすると種が落ちて来年もその場所が、草だらけになる可能性大なんですよ。

うちの場合、全体的にあまり生やしてはないけど、特に借地において生えてる。
まぁ~忙しいんでそのまま稲刈り突入してもよいんだけど、厄介な種類の草↓が生えてるんで、やらざるおえなーい。
クサネムIN田んぼ
お名前は、通称”マメ”、正式名称”クサネム”。
こいつの厄介なのは、黒褐色の種子で、大きさ形が米粒と似ているため、米に混入すると分けづらく、米の等級を落としちゃたりするコマッタチャンなのです。

昨年は、その恐れがあるとこの圃場の米は、自家消費米にしたんで、たまに↓のようなの黒い粒が混入してたりして・・・・
クサネムINご飯

やっべぇ~、集まりの時間なんで続きは、次回アップします、ごめんなさい。


稲作作業 | 18:45:07 | Trackback(0) | Comments(1)
マシーン様様
盆頃から、手堀で収穫してたサツマイモ。面積的に考えても、やっぱ人力(基本一人、たまに二人)じゃ全然まにあわない。
って事で、ジャガ芋掘りの時に一目惚れしたマシーンを購入。
中古を機械屋経由やネットオークションで探したけど、良いものでてこず。茨城・千葉まで取りにいけねぇーし・・・
結局、新品を機械屋から購入→待ってましたと言わんばかりに速攻納品。
で、試運転がてら多めに収穫してみた。こんな感じで収穫↓
サツマイモ収穫作業①
まず、根元から切って、ツルを除去。
このツルを移動させるのが、一番の労働で、ツル同士でからみあってるし、まとまるとかなりの重さになる。
サツマイモ収穫作業②
次に、マルチの除去して、サイドのツルをどける。
一列だけやってみると、なんかモーゼっぽくて、気持ちよい。
サツマイモ収穫作業③
遂に登場、おニューの堀りとりマシーンちゃん♪
トラクターに設置して、使うタイプ。
角度と深さを状況に合わせる、調整が慣れないとムズイ!?最初の方、何本も折っちゃったし。
あと、話によるとメンテが特に大事で、作業的にも消耗度が激しいマシーンらしく、今後の維持費がかかるかもとのこと・・・・はぁ~。
まぁ~来年はジャガ・サツマイモを栽培増やして、売り込み強化して、もとをとるしかないね・・・
稲作にもいえるんだけど、機械費用を返済するために面積増やして、機械に投資して、ドツボにはまっていくみたいな~って感じ!?
もっと費用対効果を計算していかんといかんとです。



サツマイモ | 21:24:02 | Trackback(0) | Comments(0)
田んぼの巡回
ここの最近、雨続きだったんで、水まわり全然みにいってなかったけど。
今日の昼間、久々に見回りにいってきた。
溝きりしてないこともあるんだけど、地が結構ぐちょぐちょ!、
なんで、暗渠(あんきょ)の排水口をあけてきた↓
暗渠排水口
最初、マーライオン並みに水がぶっ飛んできて、ビクッた!しばらくするとしょうべん小僧になってたけど。

ちなみに暗渠ってのは、水はけをよくするために圃場の地下の方に設けられてる水路なんだけど。
どんな風な水路になってるかまったく知らない。
なんかお上の主導の土地整備事業でやってあるみたいなんで。
なぜに排水よくするかというと、
コンバイン(稲刈り機)がぬからないように!!ウチ的には、この事一点に尽きる、田んぼの中で捕まると大変えらいめにあうので・・・
あと、出穂から25日位経っていれば、もう水が必要ないので地が乾いていてもOK.
ちなみに開けたのは早生品種のコシイブキで、25日経過してるんでよい。

俺の地域って、てか新潟全域なんだろうけどコシヒカリ様様なんで、あんまり多品種の作付けは少ないみたい。
コシイブキって、特に黄金色の穂らしいので、遠くからでも発見しやすく助かる↓(奥の圃場)
コシイブキとコシヒカリの圃場の差
特に区画整備がしっかりしてて真ん中なとこだと、時々どこが自分の田んぼか分からなくなる・・・

就農したての頃、間違えて他人の田んぼで作業した経験有りの新米稲作農民って意外と多いのではなかろうか。
”いいとも”のテレホンのアンケートしてみてぇ~。
そしてタモさんストラップもらいてぇ~。
まぁ~0人で、速攻で友達紹介になるだろうけど。




















稲作作業 | 21:17:05 | Trackback(0) | Comments(2)
たけき者も遂には滅びぬ 
秋作に向けて、そろそろ地ごしらえしなくちゃならんので。ここのところ昼間は、畑の整理作業。
この作業していると色々と虚しくなってくる。
なんか終わったねぇ~って感じで。
畑の片付け
写真は、枝豆畑なんだけど、あれだけ樹達が茂り、朝の格闘(仕事)の場として栄えていたところがこの寂しさ。
気づくとマルチを剥ぎながら、平家物語を口ずさんでいた。リピートでしかも途中から、なんちゃってラップ調で・・・・・。
祇園精舎の鐘の声♪諸行無常の響きだYO!
ちなみに中学の国語のテストで、↑の暗唱があって、未だにそらで言うことができるのであります。



畑作作業 | 21:56:57 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。